オーロラとは?

20151013_1373968

 

今年もオーロラ鑑賞の時期がやってきました。

2013年頃から太陽フレアのエネルギー放出が活発になっている事から、この数年は本当に美しいオーロラを観測することができています。

北欧と言うとまず思い浮かぶのはオーロラと言う人が少なくないと思います。
「寒いところでないとオーロラは見えない」と思い込んでいる方が多いようですが、気温が低いということとオーロラには直接的な関係はありません。

オーロラとは、太陽風と地球の磁場の作用により起電力が発生し、地球の磁場に磁気圏と言う空間を作り出すことです。
寒い国でしか見ることが出来ないのは、現在の地球の磁気経度の高いエリアが北欧やカナダなどの北半球の北部に集中しているからなのです。

オーロラを見ることが出来るかどうかは、太陽風の状態(プラズマ放出量)が大事です。
また、観測条件である”空気が澄んでいる”こと。雨や曇りの日は、オーロラが出現していても人間の目には見えません。

オーロラには、数えきれないほどの形や色があると思います。
私が観たものには、ゆっくりと形を変えるもの、1秒たりとも同じ形をしていないもの、点滅しているもの、爆発しているように見えるもの等、様々なものがありました。色もグリーン系からピンク、オレンジ、紫と、ほぼ肉眼で見えるすべての色があります。

最初は雲の筋のように白っぽく見えていても、目が暗さに慣れてくると、色や形がはっきりと見えてきます。
オーロラは「光のダンス」と名付けられているように、ユラユラとダンスをしているような不思議な光がだんだんとハッキリと見えてくる、なんとも神秘的な世界なのです!

スウェーデンのオーロラ観測は北極圏に近いキルナが有名ですが、スウェーデン中部のエステルスンドでも上の画像のようなオーロラが見えるのです!
エステルスンドは、ストックホルムからは国内線で45分です!
現在、SASBRAと言う航空会社が就航していて、一日に往復15便~20便のフライトがあります。

スウェーデン中部エステルスンドでは、8月中旬から3月末までオーロラ観測が可能です。

 

 

The following two tabs change content below.
Kana
スウェーデン中部エステルスンド在住 2008年より、アンティーク・ファブリックの店オーロラスタイルを運営。 http://aurorastyle.com/